何を食べるかは美容に影響する

便秘でぽっこりした下腹を解消すべく、美容にもってこいなさつまいもとキャベツを使った混ぜ焼きのレシピです。

美容と便秘解消に、さつまいもとキャベツの混ぜ焼きのレシピ!

女性の方で多くの方が持っている悩みの中に便秘というものがありますよね。我が家でも母や妹が便秘の常連さんで、常日頃から排便がないと嘆いています。便秘だと下腹がぽっこりと出てきてしまったりして美容的にもよくありません。そこで、食物繊維をたっぷりとれるさつまいもとキャベツを使った簡単な混ぜ焼きを作ってみたので、レシピをご紹介します。

最初に、キャベツを千切りにしましょう。キャベツは一玉だと多いと思いますので、半分に切って必要な分だけちぎってから水洗いします。洗った後に葉を重ねるようにしてから千切りにすると必要な分だけ使えるので無駄がありませんよ。キャベツを千切りにしたらそのまま水にさらしておきます。次にさつまいもを電子レンジで柔らかくしましょう。ご家庭の電子レンジにスチーム機能が備わっている方はそちらを使用してもらっても問題ありません。ない方は、まずさつまいもを水で綺麗に洗った後、水を拭き取らずにそのままさつまいもにラップをかけ、600ワットで約13分程度加熱しましょう。さつまいもは大きさによって加熱時間が変わってきますので、加熱が終わったら一度竹串を刺して柔らかさを確かめます。竹串がスッと通れば完了です。柔らかくなったさつまいもを漉し器に入れて、熱いうちに皮ごと潰します。少し塊が残っても大丈夫です。ペースト状になったら、先程洗っておいたキャベツの千切りと一緒にボールに入れて混ぜます。そこに半カップの水と、薄力粉を30グラム程度加えて生地を作ります。全体が混ざったらフライパンに流し込み、両面合わせてやく10分程度焼きましょう。焼き上がったら、最後にお好みソースをかけて、鰹節をお好みの量のせてやれば、さつまいもとキャベツの混ぜ焼きの出来上がりです。食物繊維が美容に効果的ですし、排便作用もあるのでこれを食べれば便秘解消になる可能性が高まりますよ。