何を食べるかは美容に影響する

納豆が苦手な人でも大丈夫。美味しく美容に効果的なイソフラボンをとれる納豆ハンバーグのレシピを紹介します。

美容効果あり、納豆ハンバーグのレシピ!

納豆などの発酵食品には整腸効果もあるうえに、大豆にはイソフラボンも含まれていて美容にいいですよね。けど、美容に良いとわかっていても納豆を食べるのは苦手だという人の為に、今回は私の友人の得意料理である納豆ハンバーグのレシピをご紹介したいと思います。めんつゆでさっぱりいただけるので、納豆嫌いの人でも食べられますよ。

作り方はまず、ハンバーグに使うミンチと炒めたたまねぎをボールに入れ、卵とパン粉を加えてよく練ります。ハンバーグの分量は普段ご家庭で作っているレシピ通りで問題ありません。ハンバーグの種が上手い具合にこねられたら、そこに納豆を投入します。大体2パックくらいが丁度良いかと思います。納豆を加え、納豆に付属しているたれももったいないので一緒に投入し、もう一度こねます。ちなみに納豆の種類は基本何でもいいですが、ひきわり納豆の方が混ざりやすいかと思います。全体的にうまくこねられたら、一つずつ形にしてフライパンに並べます。油を入れ、ハンバーグを並べたら蓋をして両面合わせてやく8分間から10分間しっかりと焼きましょう。途中で焦げてしまわないように細心の注意をはらうことも重要です。焼き上がったらお皿にもりつけて、納豆ハンバーグの出来上がりです。どちらかというと和風ハンバーグに近い風味になっているので、めんつゆをつけてさっぱり食べると美味しいですよ。私の友人自らが納豆克服のために開発したレシピですが、今では我が家でも定番のメニューになっています。イソフラボンたっぷりの美容に優しいハンバーグです。